いいじまで働く

【東部保育園】自然と地域に見守られながら みんなが安心できる保育を

2021.11.18
東部保育園
#保育士
山内あや さん

飯島町には3つの保育園があります。今回は、飯島駅の東に位置する「東部(とうぶ)保育園」のご紹介です。山内(やまうち)あや園長先生に園についてお伺いしました。

■東部保育園ってどんなところ?

「保育方針として、”豊かな人間性と生きる力をもった子どもを育てる”というものがあります。また、”子どもひとりひとりを大切にし、家庭と連携をとりながら地域に開かれた保育園を目指す”という保育理念を掲げています。

子どもたちの1日の流れは、3歳以上児さんと未満児さんでは異なります。クラスごと活動内容が違いますし、未満児さんは1日2回おやつを食べます。日中の通常保育と、朝・夕の延長保育は3園ともに共通です」

「農村地帯にあるので、景色や自然を活かして普段の生活で四季を感じられることが園の特徴であり、大切にしていることです。春はよもぎを摘みに行ったり、夏は園庭で水遊びをしたり、秋にはどんぐりを拾って工作をしたり。地域の方の協力を得て、近所で芋掘り体験や花摘みをさせてもらうこともあるんですよ」

「当園は、以前子育て支援センター(現在は飯島文化館付近へ移設)が併設されていたので、園舎がとても広く、子どもたちがのびのびと遊べる環境だと思います。そんな子どもたちは、ひとりひとり個性豊かで人懐っこく、表情が輝いている子が多いです。そしてとにかく元気!外で走りまわったり、虫捕りをしたり、絵本や折り紙を楽しんだり、それぞれが好きなことをしています。先生たちは、あたたかく、また明るく優しいひとが多いです。パワフルで若々しいところも魅力的です」

「給食やおやつは、3園が共通して”手づくり・無添加”にこだわって提供しています。出汁も一からとる徹底ぶりです。園児それぞれの事情に対応した食事も用意してくださるので、安心してくださいね。また、郷土食や行事食も取り入れたり、食材を園内で展示して子どもたちに見せたり、食に興味をもてる機会を設けています」

東部保育園で働く山内あや園長先生のご紹介

幼少時代の保育士さんが大好きだったことがきっかけで、現在の仕事に携わっている山内あや先生。普段の仕事内容や、保育園で働く魅力などを教えていただきました。

「施設の危機管理、職員の資質向上、保護者の相談、そして事務が主な仕事です。ですが、私が一番大切にしていることは、保育園に来るすべての人が安心して過ごせる環境に配慮することだと思っています。ずっと机に座っていることはなく、ときには子どもたちと朝マラソンや体操をして一緒に過ごしたり、それぞれのクラスの様子を見たりしています」

「子どもたちと同じ目の高さになって接し、その子の心にそっと寄り添ったり共感したり、何より一緒に楽しむことを大事にしています。それは他の保育士もみんな同じです。子どもたちのパワーやエネルギーの素晴らしさを毎日近くで感じることができること、いろいろなことを頑張りながら成長する姿を見られることが嬉しいですね。子どもたちの笑顔は、私の元気の源です!」

最後に、これから飯島町で保育園を探そうとしている方・子育てを検討中の方へ向けてメッセージをいただきました。

「飯島町でお待ちしています!変わりゆく季節のなかで自分らしさを見つけて、楽しく過ごしてください。自然に囲まれた環境ならではの保育が、ここではできると思います。きっと、子どもたちものびのびと元気に成長していくと思います」

この記事を書いたライター
ライター

気賀澤絵美

RECENT POSTS

2021.11.18
【七久保保育園】自然と地域に見守られながら や…
2021.11.18
【東部保育園】自然と地域に見守られながら みん…
2021.11.18
【飯島保育園】自然と地域に見守られながら 心と…
ARCHIVE